東京で一番カッコいいブログ

シティーボーイによるブログ。理系大学院卒後、都内企業にてエンジニア。

阿夫利にてつけ麺を食す

残業もそこそこに今宵も英気を養いにラーメン屋へ。

若い社会人が出会いを求めて降り立つ街、恵比寿にて極上のつけ麺を食してまいりました。

 

恵比寿駅から徒歩5分ほどの阿夫利。

店内に入り、カウンターで外国人の方が悩んでいるところを横目に颯爽と甘露つけめん大盛りと炙りチャーシューをチョイス。阿夫利山の天然水がどうのこうののゆず塩ラーメンが人気らしいが、そんなの無視に決まっている。

 

カウンターに案内され、食券を店員へ手渡す。

炙りチャーシュー、角煮、鶏チャーシューの3種類から選べるチャーシューはもちろん角煮。これで炙りチャーシューと角煮の肉祭りが催される。

 

顎髭を生やした店員が炭火でチャーシューを炙っているところを観察しながら待機。

この間に店内の様子をじっくり伺うことで、店との一体感と期待感を高めていこう。

 

期待感の高揚を楽しんでると待ちに待った丼の到着。
f:id:rmq:20181029233358j:image

 

甘露の名を冠するだけあって甘辛風な見た目のつけ汁と角煮を散りばめた麺が登場。

 

まずは、オンリー麺すすりで麺を楽しもう。

そしてつけ汁を一舐め。

 

このつけ麺の構成要素をそれぞれ楽しむ。

 

ここからはガツガツ麺をすすっていく。

 

うまい。

 

食事なんて「旨い」の一言で十二分だ。

 

幸せを言語化するのが難しいのと同じだ。

 

300gの麺をひたすらすする。

それが幸せってことにしておけばなにも問題ない。

 

小生はつけ麺が好きだ。